歯磨きの時間は長い方が良いの?朝に時間がない時のケアなどを紹介

歯磨きの時間は長い方がいいの?

歯磨き 時間 長い

子供の頃から歯磨きはしっかりしなさい!

とよく言われたものですよね。
歯磨きは3分以上はしなさい!とよく言われたものです 汗

ただ実際に歯磨きは長くやった方が良いのか気になった事はありませんか?
日本人の歯磨きの平均なども踏まえて紹介していこうと思います!

スポンサードリンク

歯磨きの時間は長い方がいいの?

まずは歯磨きって平均どれぐらい時間をかけているか気になって調べていたのですが、

リサーチバンクの歯磨きの平均時間のアンケート調査によると

3分未満が約半数以上を占めているとの事です。

歯磨き 時間

参照:リサーチバンク 歯に関する調査

しっかり時間をかけなさい!と親から言われる事がありますが、
3分以内が半数という事を考えると親もしっかり磨いているとは言えませんよね 笑

まぁ常日頃から忙しいと感じている日本人からすれば
歯磨きにかける時間がない、もったいないと思っているかもしれませんね。

では実際歯磨きは時間が長い方がいいかという事について歯医者に伺ったのですが
しっかり磨くのであれば10分以上はかけた方が良いとの事でした。

昔は3分は磨く…というのが一般的だったと思うのですが10分は少々驚きです。
というのも3分は最低時間。実際に3分だとしっかり汚れを落としきれないとの事で
1本1本歯の汚れをしっかり磨くのであれば10分は必要との事でした。

という事で長い方が良いというのは正解ではあるのですが、
それと同時に磨き方も重要というのを強く押していました。

いくら長い事磨いていても磨き方が悪ければ長い意味がないし、むしろ歯茎を傷める原因になる。
と磨き方の重要性を語ってくれました。

歯に必要以上に力を入れている方ってけっこういらっしゃいますしね。
ごしごし磨いても歯や歯茎を傷めるだけで悪化させる原因なので気をつけましょう。

歯の磨き方について画像も含めわかりやすいサイト様があったので紹介させていただきます。

参照クリニカ 正しい歯の磨き方

動画でもありましたので紹介します。

歯磨きは最低3分。理想は10分。そして正しい磨き方で歯を磨きましょう。

歯磨きは食前、食後どちらもした方がいいの?

虫歯を作らない為には食前、食後に歯磨きをした方が良い。
と言われた事があるのですが、実際そんな事しているとめんどくさいですよね。

では実際に食前、食後両方とも歯を磨いた方がいいかを調べた所、

食前と食後両方ともする必要はない。むしろ歯の磨き過ぎている事も。
との事でした。

歯を磨きすぎると歯茎から出血させて逆に歯を悪くする原因になるとの事。
結局は上記でも紹介した通り毎日の歯磨きでどれぐらいきれいに磨けているか。

という事が重要です。

歯磨きの目的は歯垢を取り除く事。
何度やっても歯垢がしっかり取り除かれないと意味がないという事ですね。

ただ、食後は口内が酸性になっているので食後30分以内には歯を磨いた方が良いでしょう。


スポンサードリンク

朝など歯磨きをする時間がない時のケアを紹介

歯磨きを時間をかけて丁寧に磨いた方が良いという事はわかった。

でもどうしても時間が取れず歯磨きが出来ない…そんな時もありますよね。
そんな時間がない時の対処法について紹介したいと思います。

水を含んでブクブクうがいを行う。

食後には当然食べかすなどが残っています。

食べかすは口臭や虫歯の原因となってしまいますので最低限ブクブクうがいで食べカスを洗い流しましょう!
ブクブクうがいを行う事で口の中が中和されます。

うがいをする際に気にしたい事は口の中の食べかすをしっかり吐き出す為に
口の中全体をうがいするように意識をしましょう。

キシリトール100%のガムを噛む

歯の健康の為にガムを進められた事があるかと思います。
とはいえ一般的に販売されているガムは人工甘味料が入っておりあまりおすすめではありません。

キシリトール100%のガムにはプラークをつきにくくする効果があります。
つまり虫歯の進行、発生を防ぐ効果があるんです。

またガムを噛む事で唾液の分泌にも繋がり酸を中和する働きを持っています。

キシリトール100%のガムは歯科医院や東急ハンズで販売されています。

また楽天など通販でも購入が可能なのでチェックしてみても良いでしょう。

といった感じで紹介しましたが、やはり歯磨きをしっかり行う事が最優先です。
ただ、どうしても出来ない場合は上記の事を行ってみましょう。

まとめ

スポンサードリンク

歯磨きの時間は長い方が良いのかどうか
朝に時間がない時のケアなどを紹介しました。

歯磨きは長い事だけが重要ではなくきちんと磨く事も大事です。
汚れを残さないよう磨き方もしっかり頭に入れておきましょう!

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ