手首が痛い原因は?対処法や病院は何科か要チェック。

手首が痛い原因は?対処法や病院は何科に行けば良いか要チェック。

手首が痛い 原因

最近は手首が痛く感じる人が増加しているようですね。

以前はスポーツ選手とかピアニストなど手首に負担をかける人が腱鞘炎になったりと
手首を傷める事もあるのですが、最近は事情が変わってきているようです。

手首が痛い原因についてチェックしていきましょう。

スポンサードリンク

手首が痛い原因について

手首が痛い原因はいくつかありますので紹介していきます。

手首の捻挫

手首の間接周辺に必要以上の力が加わった事により起こる症状です。

スポーツをしていて力を入れている際や転んだ際に緊急で手をついた時に起こりやすいですね。
手首の捻挫は押すと少し痛む程度でも完治するのに2週間程かかると言われています。

少し痛いから問題ないと放置していると余計に悪化する原因の元です。
痛いと感じたら病院に受診した方がいいでしょう。

手首の酷使

手首が痛い原因でよくあるのが手首の酷使。

以前は重い荷物の仕事をする人やピアノなど手首に負担をかける方が主に痛める事が多かったのですが、

最近ではスマホやパソコンの使いすぎによる手首の酷使が急激に増えています。
もはや現代病の一つと言ってもいいかもしれませんね。

パソコンに関してはデスクワークをする人が増加した結果、キーボードで入力する際に手首に負担が来てしまうんですよね。
しかも長い時間キーボードを打つ方が多い為に手首に疲労が溜まり痛みとなって現れるんです。

長時間パソコンを使用する際は手首を休める時間を取る必要があります。

そして特に増えてきているのがスマホを使用する事による手首の痛み。
最近では「スマホ腱鞘炎」とも呼ばれていますが、

スマホを同じ体勢で同じ負荷を長時間かける事で筋肉や腱に炎症が起き手首を傷める事があるんです。

最近はスマホもゲームが充実してきており長時間触る方もいるかと思います。
その結果負荷がかかり続け結果として手首に腫れや痛みを生じる事になるんです。

知らず知らずのうちに手首を痛めていき、親指の使いすぎで
「ドケルバン病」という親指の付け根に起こる腱鞘炎を引き起こす可能性があるので注意が必要です。

スマホ腱鞘炎は話題になってきていますが、まだまだ認知度が高いものではないです。
長時間スマホを利用している方にとっては気をつけた方がいいでしょう。

主な原因はこの2つである事が多いのですが、その他にも

・転倒などが原因で骨の位置がずれてしまう手根不安定症
・成人男性に起こる事があるキーンベック病(月状骨軟化症)

など突然手首が痛くなる症状もあります。

手首の痛みが続く際は病院で診察してもらった方がいいでしょう。

手首が痛い時は何科に行けば良い?

病院

手首が痛い原因は色々とありますが、基本的には整形外科で問題ないでしょう。

現在どういう状況か診断して原因が特定。予防や治療の方法についても説明してくれます。
手首の痛みはほっておくと悪化する原因になりやすいんです。

また腱鞘炎かと思って診察したらキーンベック病など別の原因の可能性だったりするんです。
予防を知る事と早く治すためにも診断してもらった方がいいんですよね。

実際私も多少の痛みでほっといたら悪化したという体験をしているだけに余計に感じる事ではありますが(汗

とにかく手首の痛みを感じたら整形外科にいって診断してもらいましょう。


スポンサードリンク

手首が痛い時の対処法は?

手首が痛い時の対処法は状況によって違ったりするので確認しておきましょう。

腫れている際はアイシングを

患部が腫れている際は痛みもあり炎症している可能性が高いです。
腫れを抑える為にも初期の腫れている段階ではアイシングは重要です。

症状が落ち着いたら温めながらマッサージを

症状が落ち着いてきたらマッサージをしながら患部をマッサージしましょう。
患部を温める事で血行がよくなり症状の改善に繋がります。

マッサージに関しては口で言うより動画で見た方がわかりやすいと思うので
ストレッチを紹介している動画を紹介します。

ストレッチに関して気をつける際は慎重にゆっくり行う事
動画のように行ったとしても患部の症状の状態によってよけいに痛めてしまう可能性もあります。

なので自分が痛いと思う手前でゆっくりとマッサージやストレッチを行う。
それが手首の痛みを改善するポイントです。

また手首を固定する為のサポーターなども効果的です。
手首を固定する事で手首に余計な負担をかける事がなくなるので痛みが軽減されます。

日常生活にきたすレベルであればサポーターを使って痛みを軽減しましょう。

まとめ

スポンサードリンク

手首が痛い原因は?対処法や病院は何科に行けば良いか紹介してきました。

手首の痛みは長引く事が多くほっておくと悪化する事が多いです。
痛みが浅いうちに予防したり病院に診察して完治させましょう!

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ