東京オリンピック2020の開会式はいつ?演出はどうなる?

東京オリンピック2020の開会式について

東京オリンピック2020 開会式

2020年のオリンピックは東京に決まりましたね。

日本のオリンピックは1998年の長野以来22年ぶりで夏季では1964年の東京以来です。
といってもまだ先の話ではありますが、

2020年の東京オリンピックの開会式はいつ行われるのか?場所とともにチェックしておきましょう。

スポンサードリンク

東京オリンピック2020の開会式はいつ?

東京オリンピック2020の開会式についてですが、

2020年の7月24日(金)午後8時
に行われる予定です。

200カ国にも及ぶ国の競技者が集い白熱した競技が行われる事でしょう。

開催期間としては7月24日(金)~8月9日(日)の予定で行われるのですが、

開会式に先駆けて22日の午後5時からサッカーが行われます。
他の競技に関しては開会式の翌日25日(土)から順次行われていくみたいですね!

東京オリンピック2020は陸上競技や水泳、体操など28競技に加えて追加種目が行われます。

会場の場所も今後変更等はあるとは思いますが新国立競技場や東京体育館、日本武道館など決まってきて
スタジアムの建設等も始まっています。

なかなかオリンピックを見る機会は無いと思いますので、今回の東京オリンピックは
テレビだけでなく実際に現地で白熱した試合を楽しむのも面白そうですね♪

東京オリンピック2020の競技種目や日程についてはこちら

東京オリンピック2020の開会式の場所について

東京オリンピック2020の開会式は新国立競技場で行われます。

オリンピックの開催とともに旧国立競技場の建替えが決定となりました。

…が総工費の問題(本来1300億円程度のはずが約2500億円にまで膨れ上がった)の結果
白紙に戻ってしまいました^ ^;

見積もりより総工費が膨れ上がるという事はよくある事ではありますが、これは流石に甘すぎと言わざるおえないですね。

記事を書いている段階では設計案の再公募が9月から開始して12月に選定するとされています。
その事もあり新設計は2017年に決定されるのではないかと思います。


設計から施工や工程チェックなども含めるとあまり期間がなく急ピッチに進められるのではないかと思います。


スポンサードリンク

東京オリンピック2020の開会式の演出について

開会式と言えば演出も見所の一つです!

オリンピックの開会式では毎回華々しい開会式が行われており世界の注目の的となるので
演出家が誰になるかも毎回話題になる程です。

直近のソチオリンピックでは

・光と映像とバレエの演出、
・聖火を灯す際にロシアの名曲「火の鳥」の火の鳥が流れる演出
・韃靼人の踊り、春の祭典、剣の舞、白鳥の湖など国を代表するクラシック曲

国の文化や特色がちりばめられた素晴らしい演出でした。


世界から注目集めるだけあってフェイスブックやツイッターでは
世界で数多くの投稿がありましたね。

それぐらい開会式の演出は注目度が高いんです!

現在東京オリンピックの演出家は誰かは決定していませんが、
候補については有名の方を中心に話題になっていますね。

実際誰になるかわかりませんが、日本の良さを出した開会式に期待したい所です。

まとめ

スポンサードリンク

東京オリンピック2020の開会式の日程や演出について紹介しました。

オリンピックが近づくにつれて詳細が明らかになってくるかと思います。
また新しい情報が入り次第更新したいと思います。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ