インフルエンザの会社の休む期間は?報告の仕方など対応をチェック。

インフルエンザの会社の休む期間について

インフルエンザ 会社

もうすぐインフルエンザが猛威を振るう時期になりましたね。

毎年多くの方がインフルエンザの方にかかってしまい会社を休まざるおえない事もあります。
インフルエンザの会社の休む期間や報告の仕方など対応を頭に入れておきましょう。

スポンサードリンク

インフルエンザの会社の休む期間について

インフルエンザでも出勤されている方もいますが、インフルエンザになったら絶対休む必要があるのでは?
と思った方もいるかもしれません。

ただ、実はインフルエンザの会社の休む期間についてですが、学校や幼稚園、保育園などと違い
感染症による休む期間などは定められておりません。

極論として出社も可能というわけです。法律上においては。

ただし、インフルエンザ発症期間中に出社しては回りに感染する可能性も高く集団感染の可能性も多いにあります。
ウイルスを回りにばらまいているといっても良いでしょう。

出社する事は周りに大迷惑を起こす可能性を持っているのです。

休む期間の目安としては発症後3~7日間
この期間中は鼻やのどからウイルスを排出しているとされています。

参照:厚生労働省 インフルエンザQ&A Q.17より

なので最低3日間、それ以降は医者の判断を受け出社するかどうか判断する事が賢明でしょう。

インフルエンザの際の会社の報告など対応について

では実際インフルエンザにかかった際の会社の報告など対応について確認しておきましょう。

会社に報告をする。

医師からインフルエンザと診断された場合は会社に報告します。
報告内容は

・現在の症状(体調や何度かなど)
・インフルエンザ発症日
・医師による安静期間、いつ頃復帰できるか

などを連絡しましょう。
その際周囲に感染させないように休むという事を一言入れるとスムーズに行くかもしれません。

一通り報告した後は会社の指示を仰いでしっかりと休養を取りましょう。

出社する際は医師の診断者を書いてもらい提出をする

インフルエンザが治り会社に出社して良いと医師から診断を受けた際は医者に診断書を記載してもらいましょう。

診断者は会社によって提出したりしなくても良いのですが、実際にインフルエンザにかかっていたという証明になります。
会社によっては診断書が義務付けられている所もあるそうです。

またそうそういないと思いますが、社内の人間によっては本当にインフルエンザにかかっていたのか?
と疑う人もいるんですよね 汗

まぁその為の免罪符みたいなものですが、やはり提出した方がトラブルに巻き込まれにくいので
医師に書いてもらいましょう。


スポンサードリンク

インフルエンザは休みの扱いについて

ここで気になる事とは思いますが、インフルエンザにかかってしまった場合の休みの扱いは
基本「有給休暇」となります。ただし会社によって割と違います。

まぁ箇条書きで例を出してみると

・有休休暇が残っていたら有休休暇を消費。ただしない場合は欠勤または代休。
・会社によっては病気休暇というものがあり、かかってしまった場合は病気休暇として扱う

などと会社によって違うんですよね。また診断書がないと有給休暇扱いとして認められない場合もあります。

私の周りの話を聞いてもやはり基本有給休暇として扱われる事が多かったですね。
上司にインフルエンザの時期にもしかかった際の扱いなどについて聞いておいた方がいいでしょう。

まとめ

・休む期間の目安は発症後3~7日間
・もしかかってしまった場合は状況を会社に詳細に報告し、治った際は医師の診断書を提出する
・インフルエンザの休みの扱いとしては基本「有休休暇」ただし欠勤扱いもある。

スポンサードリンク

といった感じですね。
かかってしまった場合はどうしようもないので症状が悪化しないよう絶対安静でいましょう。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ