2017年の花粉の飛散。スギやヒノキの飛散のピークはいつから?

2017年の花粉の飛散のピークをチェック。

花粉症 2017

花粉症は3人に1人はかかっていると言われもはや国民病と言われている程ですね。

特にスギ花粉とヒノキ花粉に悩まされる方が多く毎年猛威を奮っています。

2016年は飛散が少ない年ではありましたが2017年はどうなのか?ピークも含めてチェックしておきましょう。

スポンサードリンク

花粉症2017の飛散量の予想について

ご存知の方もいるかも知れませんが、花粉症の飛散量は前年の夏頃の気象状況に大きく影響されます。

雄花は夏に作られて一般的に気温が高く、日照時間が長い程花粉量が多く作られるんですよね。つまりそれだけ花粉が飛散する可能性が高いというわけです。

では2016年の夏の天候状況はどういう状況だったかと言うと、

・気温
東日本 天候不良の日もあり平年並
西日本 猛暑の日が続くほど暑かった

・日照時間
東日本 短い~平均
西日本 長い

と行った感じです。前年度と比べて西日本は天候も良好で暑い日が続く傾向にありました。

つまりそれだけ花粉の飛散量も多い可能性が高いというわけです。

その事も踏まえて

2017年の花粉症の量の予想

・東北地方 やや少なめ
・関東地方 少なめ
・中部地方 やや多め
・近畿地方 多い
・中国地方 多い
・四国地方 多い
・九州地方 多い

と予想しています。西日本は2016年の花粉の飛散量が少なかった分、特に今年は影響を受けると予想しています。

逆に東日本に関しては例年と同じぐらいで少なめを予想しています。とはいえ花粉対策についてしっかりと対策をした方が良いでしょう。

参照:花粉情報(2017年春の花粉飛散予測)

スギ花粉やヒノキ花粉のピークはいつから?

では花粉のピークについて紹介していきます。
花粉と言っても日本には様々な木が植えられておりピークも違ったりします。

特に飛散量の多いスギ花粉やヒノキ花粉については

・スギ花粉

2月中旬~4月中旬
(3月上旬がピーク)

・ヒノキ花粉

3月中旬~4月中旬
(3月下旬~4月上旬がピーク)

といった感じです。地方によっては若干ピークが長かったり短かったりしますが、
大体はこの期間がピークです。

花粉症がひどい方はピークより早いうちに

ピークとしてはこのような期間ですが、当然ながらピークより早い段階から飛散しており
特に関東地方はスギ花粉は2月頭からけっこうな量が飛散しています。

花粉にひどく影響を受ける方はピークより早いうちから対策をする事をオススメします。


スポンサードリンク

花粉症の対策について

花粉症の薬は飛散し始める前から服用

花粉症は飛び始めてから飲まれる方がいますが、薬の効果が出るまでに時間がかかる事も多く、
アレルギー反応が出てからでは遅い事が多いです。

アレルギー症状を抑える抗ヒスタミン剤などを飲まれる方は1月中旬から飲み始める事をおすすめします。

関連記事花粉症の薬はいつから飲む?副作用は?病院は何科で貰えば良い?

花粉症対策用マスクを使用

最近ではp.m2.5など花粉よりもさらに小さいウイルスが流行った事もありマスクもさらに向上しているのもあり
安価なものでも花粉を95%以上カットしている物が多数です。

ただし、マスクにすき間のあるものはそこから入ってきます。つまりしっかり守られていないんですよね。
なのでマスクと顔の隙間が少ないマスクが有効です。

サイズについては人によって顔の大きさが違うので「プリーツ式のマスク」などはすき間が出来ないのでオススメです。

花粉症対策用のメガネを装着

花粉が目に入りかゆみや充血がひどい方は花粉症用のメガネなども良いでしょう。

花粉対策用のメガネはカット率95%以上のものもありかなり抑えられます。
度無しは2000円~4000円。度入りだと+3000~からが多いですね。

普段メガネをかけてない方で花粉が目にくる方は一度つけてみる事をオススメします。

帰宅後、髪や衣類を払う

花粉が飛散している際は当然ながら服や髪に付着してしまいます。

  • なので帰宅した際は髪や衣類を払って花粉を持ち込まない。
  • 少しでも気になる方はクリーナーを使用して花粉を拭き取る。

という感じに花粉を家の中に持ち込まないようにしましょう!

子供の花粉症対策はマスクだけでは不十分

子供はマスクをつけるのを嫌がる事もあり外で遊んでいる際などは外してしまう可能性があります。

特に花粉症の症状が出るお子さんであれば室内の対策や場合によっては病院にも行った方が良いでしょう。

関連記事子供の花粉症対策で徹底すべき事は?治療薬や子供用の眼鏡も紹介

まとめ

花粉症2016。スギやヒノキのピークはいつからか紹介していきました。

東日本が並~多め、東日本が少なめの予想ですが、ピーク時はやはり花粉に反応して辛い事もあります。
しっかりと対策を行い花粉の飛散の時期を乗り切りましょう!

花粉症の関連記事はこちら

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ