クリックポストとは?メリット、デメリットについて紹介!

クリックポストとはどういうもの?

クリックポストとは?

2014年の6月頃から郵便局から出た新しいサービス「クリックポスト」

出た当初はそこまで浸透しているイメージはなかったのですが、
クロネコメール便が廃止されて以来、送料の安さから利用者がどんどん増えていった感じがします。

ではクリックポストとはどういうものか?メリット、デメリットを含め紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

クリックポストとはどういうもの?

クリックポストとは、クリックポストWebサイトにアクセス(http://click-post.force.com/)し、
送り先などをweb上などで登録、手続きを行い、クリックポスト専用の宛名ラベルを印刷した後
荷物に貼って荷物を送る事が出来るシステムです。

ネット上で登録した上に宛名ラベルを印刷する必要があるので慣れるまでは手間なのですが、
一度慣れてしまえばいちいち郵便局に行く必要がなくポスト投函出来るので楽ですね。

クリックポストのサイズと重さについて

クリックポストには

重さ:1㎏以内
縦:34㎝以内
横:25㎝以内
厚さ:3㎝以内

までの荷物まで送る事が可能です。

サイズで言えば上記の画像の大きさ程で大体A4ぐらいまでのサイズまでならOKといった所でしょうか?
小さい小物程度ならまとめて一つにしてポスト投函なども出来ます。

配達日数は翌日から翌々日。

クリックポストによる配達日数は翌日から翌々日です。(公式お問合わせより)
これは普通郵便と同じぐらいで比較対象であったクロネコメール便よりかなり早いですね。

ただ、使用した印象としてはかなり遠い所に送る際は3日かかった時もあったので、注意は必要です。
あまりに届かない場合は問合わせをしてみましょう。

参考記事:クリックポストの追跡方法は?日数や反映されない際の問合わせについて

クリックポストのメリットは?

クリックポストのメリットについて紹介していきます。

送料が圧倒的に安い。

これがクリックポストが利用される最大のメリットです。
クリックポストは日本全国一律164円。そこまで大きいものは入れる事が出来ないといっても
1キロサイズまででどこに送ってもこの値段は破格です。

この価格の比較となるのはクロネコメール便となるのですが、今となっては廃止ですからね。
小物サイズであればこの価格は圧倒的です。

ポスト投函が出来る。

一々郵便局まで行かなくてもポスト投函をすれば配達して貰えるので手間が楽です。
規定サイズギリギリだとポスト投函出来ない場合もありますが、小物ならまとめて投函出来るのはメリットですね。

この手間の差ってよく利用する物にとってはけっこう大きいんですよね。
仕事など出勤するついでにポスト投函とかはがき感覚で出せるのはメリットと感じる人は多いでしょう。

もしポスト投函出来ないぎりぎりのサイズだった場合は郵便局まで持って行きましょう。

追跡が可能。

普通郵便では追跡が出来ないのがデメリットになっていましたが、クリックポストでは可能です。

Web上で発送履歴のお問合わせ番号から簡単に確認する事が出来るのは良いですね。
(ただ、追跡が反映されるのが遅い事もあるので注意が必要)


スポンサードリンク

クリックポストのデメリットについて

とはいえ、利用するにもデメリットが多少なりともあります。
その点について紹介していきます。

利用するまでが面倒。

・クリックポストを利用する為に

  • Yahoo!ジャパンID
  • Yahoo!ウォレット登録
  • クレジットカード
  • プリンター

主に必要なものはこの4つ

Yahoo!ジャパンIDとYahoo!ウォレットは登録するだけなのでまだ良いのですが、
支払い方法はYahoo!ウォレットのクレジットカード決済のみ。

銀行口座振替等では出来ないんですよね。
また宛名ラベルを印刷する必要があるので必然的にプリンターも必要となります。

と利用するまでが少し面倒といった感が否めないです。
(慣れればそんな対した事はないのですが)

個人的には決済方法の選択肢が増えれば利用者は増えるのではないかなと思いますね。
流石にクレジットカードのみの決済では選択肢が少ないです。

郵便物の補償は原則なし。

これはデメリットというより注意点ですが、原則クリックポストによる郵便物は補償はありません。
この点はクロネコメール便と同じといった感じですね。

なのでもし割れ物を送ろうとする際はクリックポストは適さないでしょう。

まとめ

クリックポストとはどういうものか?メリット、デメリットについて紹介してきました。

実際に利用してみた感想としてはやはり送料が安いってのが大きいですね。
クロネコメール便が廃止された今、利用者は今後も増えていくのではないかと思いますね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ