神戸ルミナリエ2017の日程は?混雑やアクセス方法もチェック。

神戸ルミナリエ2017の日程について

神戸ルミナリエ 2016 日程

街の復興を祈念して開催された神戸ルミナリエも2017年で23回目。
阪神・淡路大震災発生から20年以上年経ちました。時が経つのも早いものです。

毎年期間中には300万人を超える程の来場者が来るほど人気のイルミネーションで日本の中でも特に人気ですね!
という事で2017年の日程や混雑具合、アクセス方法について確認しておきましょう。

スポンサードリンク

神戸ルミナリエ2017の日程を要チェック

神戸ルミナリエ2017の日程について

開催期間:12月8日(金)~12月17日(日)
点灯時間(※2016年時 情報が入り次第更新):
月~木 18:00~21:30
金   18:00~22:00
土   17:00~22:00
日   17:00~21:30
来場者数:約300万人
雨天時:荒天の場合は点灯を見合わせる事もあり
問合せ先:(一財)神戸国際観光コンベンション協会内 神戸ルミナリエ組織委員会

※ 点灯時間は混雑状況により変更になる可能性があります。

TEL (078)303-0038

となっています。点灯時間が日によってまちまちですが、18時から行けば問題ないでしょう。
ルミナリエは毎年テーマが異なっているのですが、今年は入口から長さ16m天井15mの光のトンネルになるのだとか

ここまで大きいイルミネーションは他では見られない事もあって入り口で写真を撮影されている方もたくさんいるぐらい綺麗です^ ^

中止になる事はほぼないですが、不明な点があれば問合わせで聞いてしまいましょう。

神戸ルミナリエの混雑具合は?

初めて神戸ルミナリエに行かれる方にとっては混雑について気になるかと思うのですが、

土日は相当混雑すると思って良いでしょう。


まぁ口で説明するより動画を見てもらった方が早いと思うのですが、
電車の出入口から混雑しており、期間中は交通規制もあるぐらいです。当然ながらルミナリエ周辺の渋滞もやばいです。

もし車で来られるのであればルミナリエ周辺から少し離れた所にした方が良いでしょう。
また出来るなら現地に行くには電車で行かれた方が(まだ)混雑を回避出来るかと思います。

なので混雑を回避するのであれば平日に行く事をおすすめします。
出来る事ならば月~木の遅めの時間、金曜は翌日が休みの方も多いので観光客も訪れます。

といった感じで混雑が凄いんですよね。平日が20万人程(平日でこの人数でも凄いです)に対し土日はほぼ同じ時間で40~50万人の来場者があります。

点灯時間が同じでこの人数なのでそれだけ土日は多くの方が見られるというわけです。

自分のペースでイルミネーションを堪能するのは難しいかと思います。

繰り返しになりますが混雑を出来る限り避けたいのであれば平日に行く事をおすすめします。


スポンサードリンク

神戸ルミナリエのアクセス方法をチェック

会場:旧外国人居留地及び東遊園地

・アクセス方法

  • JR・阪神:「元町駅」下車  ⇒ 東口より南へ10分
  • 阪急: 「三宮駅」より南に徒歩10分
  • または阪急「花隅駅」下車  ⇒ 東口よりJR高架沿いに元町駅方面へ徒歩約15分

    降りるとしたら元町駅または三宮駅、花隅駅のどれかになるでしょう。

    他県から神戸に行くまでのアクセス方法については
    神戸公式観光サイトに記載があるので紹介させていただきますね。

  • 公式サイト 神戸までのアクセス(鉄道・飛行機・フェリー・高速バス)

先ほど説明した通り混雑は凄くて土日はやばいです。
車で来られる方などはなるべく早い時間に来られて神戸の町を楽しんでからルミナリエ方面に行かれた方が良いでしょう。

まとめ

神戸ルミナリエ2017の日程や混雑、アクセス方法について紹介しました。

毎年多くの来場者が訪れる程人気の神戸ルミナリエですが、混雑も凄いので
あらかじめ混雑する事を頭に入れておきつつ動かれた方がスムーズに行くと思います。

ルミナリエは毎年テーマがありイルミネーションが変わります。巨大で荘厳なイルミナーションは全国的にみてもほとんどないぐらい美しいですね。

スポンサードリンク

行かれる方はイルミネーションを存分に楽しんで下さいね^ ^

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ