マイナンバーの確定申告はいつから?副業や自営業をしている方は要チェック。

マイナンバーの確定申告はいつから?

マイナンバー 確定申告

マイナンバー制度について話題になりつつありますが、確定申告にもマイナンバーが導入されます。

サラリーマンとしての収入のみの方であれば確定申告する方は少ないと思いますが、
自営業の方や副業の方は確定申告をしていらっしゃいますよね。

という事でマイナンバーの確定申告はいつからか?またマイナンバー導入によりどう変更するのか書いていきたいと思います。

※ 今回の記事は個人の確定申告として話していきます。

スポンサードリンク

マイナンバーの確定申告はいつからかチェック。

マイナンバーの確定申告導入は平成28年分の確定申告分からとなります。つまり実際にマイナンバーの記載が必要となってくるのは平成29年になってからとなります。
マイナンバー制度の施行とともに始まるといった感じですね。

マイナンバー 確定申告書

こちらの画像はまだ確定様式ではありませんが、このようにマイナンバーの記載が必要となってきます。

マイナンバーの記載による変更点ついて確認していきましょう。

マイナンバーによる確定申告によって添付書類が大幅に削減。

これはマイナンバーによる確定申告の大きなメリットでしょう。
よく老人の方がよく病院の領収書をどばっと添付している方もいますが、マイナンバーによって管理されてますので添付が不要。

・現在添付が不要になるとわかっているのは

  • 医療費控除
  • 国民健康保険及び国民年金保険の証明
  • 源泉徴収票

これらはマイナポータルから確認する事が出来、確定申告の際にまとめて取り出して提出する事が可能になります。
今までいちいち医療費の領収書などを保管しておく必要があったのが不要になったのはメリットですね!

とはいえ再確認ですがマイナンバーによる確定申告は平成28年分の確定申告から。
2015年度分は今まで通りの確定申告なので気をつけましょう。

他にも大きな変更点があれば追加で記載していきたいと思います。


スポンサードリンク

マイナンバーの確定申告で自営業や副業している方について

マイナンバーの確定申告を個人で行う人の対象者といえば自営業を行っている方や副業をしている方だと思います。

今までも確定申告をしていたかと思われますが、今後はマイナンバーの記載があるという点について忘れないようにしましょう。
また今まで確定申告していない、つまり無申告だった場合今後はマイナンバーによって管理されるので、今後も無申告の場合後々ばれて追徴課税として支払う必要が出てくる可能性が高いです。

しっかりと確定申告を行い、税金を払うようにしましょう。

外注を出している方は外注者のマイナンバーが必要。

副業を行っている方ならば外注をしている方もいるでしょう。
その際報酬を支払う際に支払調書を記載する必要があります。

つまり支払いを行うものに対してマイナンバーを記載する必要があるので確認する必要があります。
この場合も本人確認が必要なので気をつけましょう。

確定申告を行うなら会計ソフトという手段も。

マイナンバーの導入によって確定申告も大変になってくる事もあります。
かといって税理士に依頼するとお金が非常にかかってきます。

という事で個人的には会計ソフトを利用する事をおすすめします。
その中で個人的オススメなのがやよいの青色申告オンラインなのですが、

  • 利用コストが年間1万円程
  • 日々の取引入力から申告書類の作成がシンプルでわかりやすい
  • 簿記や会計の知識がなくても計算してくれる
  • 最新バージョンにアップデート
  • バックアップ機能あり
  • 無料でお試しが出来る。
  • といった感じでしょうか。シンプルで使いやすいのが特徴ですね。とはいうものの実際に使って見てどうしても合わない場合があります。

    無料でお試しが出来ますので使って合うようならそのまま利用。合わなければ解約すれば良い話です。

    という事で今まで会計ソフトを利用した事のない人は利用してみてはいかがでしょうか?

  • やよいの白色申告オンラインはこちら




  • やよいの青色申告オンラインはこちら


まとめ

マイナンバーの確定申告はいつからか?また自営業や副業をしている方について紹介してきました。

マイナンバーによって手間も増えますが、添付書類が減ったのは楽になりますね。
慣れるまでは大変だと思いますが、しっかり確認しておきましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ