ボジョレーヌーボー2017の解禁日は?合うおつまみや料理なども紹介!

ボジョレーヌーボー2017の解禁日を要チェック!

ボジョレーヌーボー 解禁日

ボジョレーヌーボーの解禁日が近づいてきてますね!

赤ワインはあまり飲まないけど、ボジョレーヌーボーは飲むって方が多いほど日本では出荷数が多く、毎年多くの店舗で取り扱っています。

2017年のボジョレーヌーボーの解禁日や合うおつまみや料理などを紹介してきましょう!

スポンサードリンク

ボジョレーヌーボー2017の解禁日はいつ?

ご存知の方もいるかもしれませんが、ボジョレーヌーボーの解禁日は11月の第3木曜日

つまり2017年のボジョレーヌーボーの解禁日は11月16日(木)午前0時です。
11月に入る頃には次第にボジョレーヌーボーのテレビの宣伝や広告が入り、酒屋や百貨店、スーパーなどで販売されるでしょう。

ボジョレーヌーボをおいしく飲むには?

ボジョレーヌーボーは口当たりが軽くフレッシュなワイン。常温よりは少し冷やした程度(10度程度)で飲む方が良いでしょう。
冷蔵庫に入れて大体1時間ぐらいで調度良いのではないでしょうか?

あと、購入したら早いうちに飲んでしまいましょう!
ワインというと寝かせる事で風味に深みが出ると言われていますが、

ボジョレーヌーボーは名の通り新鮮さが売りのワインです。熟成すると鮮度が落ちて味が落ちてしまうんですよね。
なので熟成する前に飲みきった方が良いです。

封を開けてなくても年内までに。空けたのであれば数日で飲みきってしまいましょう!

ボジョレーヌーボーのキャッチコピーの歴史について

ボジョレーヌーボーで話題の一つになるのがキャッチコピー。

なぜキャッチコピーが話題になるのか?とまぁこれをみて下さい。

・1995
「ここ数年で一番出来が良い」
・1996
「10年に1度の逸品」
・1997
「1976年以来の品質」
・1998
「10年に1度の当たり年」
・1999
「品質は昨年より良い」
・2000
「出来は上々で申し分の無い仕上がり」
・2001
「ここ10年で最高」
・2002
「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄え」
「1995年以来の出来」
・2003
「100年に1度の出来、近年にない良い出来」
・2004
「香りが強く中々の出来栄え」
・2005
「ここ数年で最高」
・2006
「昨年同様良い出来栄え」
・2007
「柔らかく果実味が豊かで上質な味わい」
・2008
「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」
・2009
「50年に1度の出来栄え」
・2010
「2009年と同等の出来」
「今年は天候が良かった為、昨年並みの仕上がり。爽やかでバランスが良い」
・2011
「2009年より果実味に富んだリッチなワイン」
「出来が良く、豊満で絹のように滑らかな味わい」
・2012
「ボジョレー史上最悪の不作」
「糖度と酸度のバランスが良く、軽やかでフルーティーな仕上がり」
・2013
「みずみずしさが感じられる素晴らしい品質」
・2014
「2009年の50年に一度のできを超える味わい」
・2015
「我がワイン人生最良のヌーヴォー」

さて皆さんはどの年が最高の出来栄えの年かわかるでしょうか(笑)

毎年毎年ボジョレーヌーボーには大仰なキャッチコピーがつけられるんです。
(たまにあまり評価の微妙な年もありますが 汗)

2015年に至っては今世紀を名乗ってしまいましたからね!2017年以降はどうなってしまうのでしょうか?

なんだかんだで今年も話題になりそうです^ ^

ボジョレーヌーボーに合うおつまみとは?

ボジョレーヌーボーは赤ワインなのですが、ヌーボーとはフランス語で「新しい」という意味。
つまり一般的な赤ワインに比べて渋みが少なくフルーティーな香りが特徴なんです。

赤ワインというと深いコクのある味なのでこってりしたものが合うのですが、
ボジョレーヌーボーはそのフレッシュさから生ハムやサラミ。癖のないカマンベールやクリームチーズなどが相性が良いですね。

ボジョレーヌーボー

軽食と共に大勢で楽しむのがボジョレーの飲み方としては合っている感じです。1年に一度のお祭り的なワインですしね。

時期的に牡蠣を楽しめる時期ですので牡蠣と一緒に食べるのも良いですね。
牡蠣との組合せは白ワインを勧める方が多いのですが、ボジョレーヌーボーはフルーティで渋みの少なさより相性が良いんです。

牡蠣にレモンなどを絞って牡蠣の旨みとワインの風味を楽しむなんでのはどうでしょうか?


スポンサードリンク

ボジョレーヌーボーに合う料理は?

赤ワインと言えば肉料理。実際に肉料理とボジョレーの組合せも良いのですが、
あっさりとした味わいから魚料理や意外にも和食とも合うんです。

赤ワインでありながらマセラシオン・カルボニック法という炭酸ガスを注入する醸造方法で白ワインに似た醸造方法なんです。
その事もあり白ワイン料理とも相性が良いんです。

サーモンやマグロなどの海の幸と一緒に食べたり、お寿司とワインなどの組合せも面白いかと思いますよ!

サーモン

またクックパッドでボジョレーヌーボーに合う料理も紹介しているんです。
なかなか料理が思いつかない方は参考にしてみましょう!


色んな料理と組み合わせてボジョレーヌーボーを楽しんでみてください。

まとめ

ボジョレーヌーボー2017の解禁日などを紹介してきました。

スポンサードリンク

ふと思うのですが、ボジョレーはワインの中では安価でよく飲まれる方にとっては風味も弱く物足りないと感じる方もいますよね。

それでも日本でボジョレーが好まれるのは初物好きでお祭り好きな日本人にぴったりだからかもしれませんね。
(もちろん宣伝がよくされているのも理由のひとつですがw)

1年に1度のお祭り的なワイン。ワイワイ楽しく飲んでしまいましょう!

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ