まぶたのかゆみや腫れの原因や対策は?何科に行けば良い?

まぶたのかゆみや腫れの原因や対策を紹介!

まぶた かゆみ 原因

「まぶたが乾燥してカサカサする…」
「炎症して腫れてどうしよう…」

などまぶたが痒みや腫れたりして困る事ってありませんか?
まぶたはとてもデリケートな場所であり低刺激であっても荒れたりする事があるんです。

今回の記事ではまぶたのかゆみや腫れの原因や対策について紹介したいと思います。

スポンサードリンク

まぶたのかゆみや腫れとなる原因は?

まぶたのかゆみや腫れの原因は刺激によるかゆみか乾燥によるかゆみがほとんどです。

刺激による原因

アイシャドウやアイライナーをするとまぶたが痒くなったり腫れたりする事はないですか?
それはこれらに含まれる色素内の不純物や金属のアレルギー反応でまぶたが刺激されているからです。

新しいアイシャドウやアイライナーを使い始めてかゆみが起こってしまった場合、
色素が自分のまぶたに合わなかったり金属アレルギーにひっかかったりしている可能性が高いので使用を控えた方が良いでしょう。

成分が少し変わるだけで炎症を起こすぐらいまぶたってデリケートなんです。

乾燥による原因

まぶたは元々乾燥しやすい場所です。

洗浄力の強いクレンジング剤を使用するとまぶたの保湿成分も洗い流してしまう事も。
クレンジング剤でなくてもしっかりメイクを落とそうとこすってもまぶたを傷をつけてしまい乾燥の原因となります。

という事もありまぶたにかゆみや腫れを起こしている方は日常的にまぶたに刺激を与えてないかチェックする必要があります。

花粉による影響も

花粉というと鼻や目のかゆみに影響がありますよね。花粉症にとっては辛い時期ですがそれとは別に花粉症でなくてもスギ花粉による皮膚炎という事もあるんです。

皮膚炎は例え花粉症でなくても炎症を起こし上のまぶたがかゆくなったり腫れたりするんです。

花粉症が飛んでいる時期についついまぶたを擦ったりしていませんか?
かゆいからといって擦り続けるとまつげからばい菌が入り「ものもらい」の原因となりかねません。

春先にまぶたがかゆいと感じたならば花粉症の可能性も頭に入れておいて良いでしょう。

まぶたのかゆみや腫れの対策を紹介。

まぶたのかゆみや腫れの原因は刺激と乾燥によるものと説明してきました。
その事を頭に入れておきつつ対策についてしていきましょう。

乾燥であればワセリン

まぶたの乾燥対策でいえばワセリンは効果的です。
ワセリンは水分の蒸発を防ぐ効果があるので乾燥対策としては効果があるんですね。

ワセリンはまぶたに使っても問題ないの?って話をたまに聞きますが、
ワセリンは添加物がなく、刺激的な成分が入っていないのでまぶたに使っても問題なく皮膚をコーティングしてくれるのです。

べたべたするのでつけるの嫌だなぁ…と思う方もいますが乾燥したまぶたを治すまでの一辛抱です^ ^

・他にも

  • ホットタオルで眼元をケアしたり
  • コットンパックに乳液をつけてまぶたにつける

など、保湿を保つ事で乾燥を防ぐ事が出来ますので気になる方は実践してみましょう!

刺激対策はまず一番にまぶたをこすらない。

まぶたをこすらないことは一番基本ですが特に重要な事です。
まぶたの刺激の原因で多い事として乾燥したまぶたをこすってしまい刺激を与えてしまっているという事です。

上記でも紹介した通りまぶたをこする事で皮膚がカサカサになったり病気になる事も。
乾燥したまぶたにはすぐに保湿対策をしてかゆくてもこするのをぐっと我慢しましょう。

そうする事で多少の腫れであれば次第に引いていくでしょう。

・他には

  • 紫外線対策にUVカットの乳液(乳液タイプは刺激が少ない)
  • 花粉が飛ぶ際はこまめに洗顔を行う。

など刺激に対する対策があります。
まぶたが気になる方は時期に応じて必要な対策を行っていきましょう。


スポンサードリンク

まぶたのかゆみや腫れが治らない場合は皮膚科へ

対策について紹介しましたが、それでもまぶたのかゆみや腫れがなかなか治まらない事は割とあります。

まぶたのかゆみや腫れがひどくなる事はそこまで多くはないですが、1週間以上続くのであれば皮膚科に受診しましょう。
ここまで長引くのであればまぶたの皮膚にダメージがある可能性があるからです。

ひどくなると人に見せられないほど腫れてしまいます。
そうなる前に受診する事をおすすめします。

まとめ

スポンサードリンク

まぶたのかゆみや腫れの原因、そして対策について紹介してきました。

対策について紹介していきましたが、重要なのはやはりまぶたをこすらない事です。

擦ることで刺激されかゆみや腫れがひどくなったり、ものもらいなどの病気にかかりやすくなります。
かゆくなっても擦らない。まずはこれをしっかり覚えておきましょう。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ