子供の花粉症対策で徹底すべき事は?治療薬や子供用の眼鏡も紹介

120000

昔に比べて小さな子供でも
花粉症にかかる人が増え
悩まされている親御さんも
いらっしゃるのではないかと思います。

まだ小さな子供の場合大人に比べて
免疫力がそれほど高くなく
大人以上に症状がひどくなってしまう
可能性があります。

という事で子供が花粉症になってしまった場合に
徹底した方が良い事、また治療薬や子供用の眼鏡などについて
紹介したいと思います。

スポンサードリンク

子供の花粉症対策で徹底した方がいい事は?

子供の花粉症対策でまずひとつ覚えておきたいポイントは

・マスクだけの対策はやめた方がいい

という点です。
これはマスクが花粉症対策に効かないというわけではなく
マスクを嫌がって外す可能性があるからです。

遊びに行った時はつけてたけど、
帰って来た時には外していた…

なんて事はよくある事です。

なので子供がなるべく花粉を吸引しない状況を
作る対策が効果的です。

その一例について紹介しましょう。

・外出時
  • 花粉飛散情報をチェック。強い日は控える。
  • どうしても出かけたがる場合はマスクや眼鏡を徹底。
  • 花粉がつきにくい生地(ポリエステルなどの化学繊維)の服を着用
    (最近では花粉対策の服などもあるそうです。)
  • 花粉防止スプレーなどを服にかけてから出かける
・帰宅時
  • 帰宅時は玄関で洋服ブラシなどではたいでおくと
    花粉をある程度落とす事が出来ます。
  • 花粉症でも手洗いうがい。+洗顔もしておくと
    花粉を室内にとどめるのを防いだり吸引を防いだりとオススメです。
・家の中での対策
  • 窓はなるべく開けないようにしておく。
  • 花粉が飛散する時期は洗濯物も出来る限り室内。
    花粉対応の空気清浄機などがあると○
  • 室内の掃除はこまめに(花粉を室内に留めるのを防ぐ)

など数ある対策の中の一部を紹介しました。
もちろん全て簡単に出来るものではないかもしれませんが
出来る限りしていく事で花粉症の辛さを改善されていくと思います。

ぜひ参考にしてみてくださいね^ ^

子供の花粉症対策にはまず病院へ

昔に比べて花粉症対策の商品では
薬局でも扱われる事が多く感じられますが、

大体が大人用で子供用の商品は
それほど多くはありません。

また免疫力についても子供の方が弱いので
薬局などの商品を購入する前に

まず病院に行く事をオススメします!

子供が花粉症になると小児科か耳鼻咽喉科か
迷われるかと思いますが、

花粉症であるのなら子供でも耳鼻咽喉科で
問題ありません。

ただ昔に比べ、子供でも花粉症になる子が
多くなったからか小児科でも診断してくれる事が
多くなりました。

もし小児科で信頼の出来るお医者様がいるのであれば
一度お聞きになってみてはいかがでしょうか?

花粉症対策の子供用の眼鏡を紹介

花粉症対策の子供用の眼鏡について
紹介したいと思います。

大人用でも花粉症対策用のメガネがあり
花粉カット率など気にされていると思いますが、

子供の場合は花粉のカット率以上に眼鏡をかける事に
意味があったりします。

というのも子供の場合は目がかゆくなると無意識に目をこすってしまい
症状がひどくなる可能性が高いからです。

子供用の花粉症対策の眼鏡としては

スポンサードリンク

または

など一部を紹介しましたが、割と安価で販売されています。
一度子供用対策のメガネをご覧になり症状などで判断して、
必要であれば手に入れてみてはいかがでしょうか?

まとめ

という事で子供の花粉症対策について紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

子供が花粉症にかかってしまうと、
免疫力の事や自制心が聞かない部分があり

大人以上に大変だったりします。

スポンサードリンク

なので、なるべく花粉と関わらないような生活環境を作ってあげて、
辛い花粉から守ってあげましょう!

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ