集団的自衛権とは?デメリット、メリットをわかりやすく紹介

集団的自衛権の解釈の変更によるメリット、デメリットについて

集団的自衛権とは メリット デメリット

安全保障法制の変更点の一つ集団的自衛権のについてニュースで騒がれていますね。

それもそのはず。今まで憲法によって規制されていた集団的自衛権を使う事により
他国との戦争に巻き込まれる可能性があるからです。

そのような事もあり国会議事堂周辺で2万5000人のデモが起きるほど
反対意見が大きく上回っている状況ですね。

そのような状況下でも安部総理が成立させたい集団的自衛権について
メリットやデメリットにを踏まえて紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

集団的自衛権とはいったい?

集団的自衛権とは簡単に言うと

  • 仲間が攻撃された際に一緒に反撃する事が出来る権利の事を言います。

日本は「日米安全保障条約」というものがあり
安全保障の為に米軍基地を置く事を定めた法律があります。

結果、日本はアメリカの後ろ盾がある状況なんですよね。
逆にアメリカが他国から攻撃を受けた際、日本は何もする事が出来ません。

集団的自衛権は元々持っている。

報道される事は意外と少ないのですが、日本は集団的自衛権を元々持っています。
ただし、憲法9条の

・日本は戦争をしない
・戦いがあっても手を貸さない

という事もあり持ってはいても行使は出来ない状況だったんです。

長々と説明しましたが、今回の安全保障法制の変更点を簡単に言えば

集団的自衛権を使えない

集団的自衛権を認める憲法の解釈に変更

集団的自衛権を使えるようにしよう

 
ざっくりですが、今回の集団的自衛権の行使容認の流れはこのような形の流れです。

集団的自衛権のメリットについて

集団的自衛権のメリットについて色々な意見が出ていますが、個人的な意見としては

  • 他のアジア圏に対しての抑止力の強化
  • といったところでしょう。

    現状日米安全保障条約によって日本はアメリカの後ろ盾があるというのは先に説明しましたが、
    逆に言えば、現状アメリカが一方的に重い義務を発生しているともいえます。

    つまりアメリカとって軍事面で不利益が生じているともいえます。
    それが集団的自衛権でアメリカを助ける事によってアメリカの後ろ盾が強くなりアジア圏の抑止力の強化に繋がるといえるでしょう。

    日本が攻められないのは日本が攻めないからではなく、アメリカの後ろ盾があるからです。
    これは間違いない事であり、軍事的協力を求めるアメリカに対して譲歩するのはしかたのない事でもありますし、何より同盟国であるからこそともいえます。


    スポンサードリンク

    集団的自衛権のデメリットについて

    デメリットについてはメリットに比べるとわかりやすいです。

  • 報復テロを受ける可能性が日本である
  • 相手国のターゲットにされる可能性がある

といった感じで要は戦争に巻き込まれる可能性があるという事です。

よく報道されるイスラムの過激派などは報復テロが報道される事がありますよね?
その報復テロが日本で起こる可能性があるという事です。

日本で戦争9条を壊すなという事でデモが発生しましたが、
 
これは報復テロの恐怖があるからです。ごもっともな意見ですね。日本では報復テロなどなかった国ですから。
この今まで起こりえなかった事が起こりうる可能性が集団的自衛権の解釈変更の大きなデメリットであるといえます。

まとめ

集団的自衛権の解釈変更についてのメリット、デメリットについて
紹介してきました。

日本は解釈変更で集団的自衛権を使える事によって他国との関係を優位にする反面
戦争の恐怖という大きなデメリットもあります。

スポンサードリンク

今後も集団的自衛権について大きく話題を呼ぶ事になりそうです。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ