夏バテがだるい原因は?対策や食べ物について紹介。

夏バテがだるい原因や対策をチェック

夏バテ だるい 原因

梅雨が明けると夏真っ盛り!

気温もどんどん上がり冷たいものやクーラーなどが
かかせない人も多いと思います。

それと同時に訪れる夏バテ。夏の暑さにばててだるい状況が続き
何もしたくないと思うような日々もあったりします。

今回の記事では

夏バテがだるい原因は?
まただるさを解消する対策や食べ物について

紹介したいと思います。

スポンサードリンク

夏バテがだるい原因は?

夏バテで身体がだるくなる原因について
ひとつずつ紹介していきましょう。

クーラーなどの温度差による自律神経の機能不全。

少し難しい言い方になってしまいましたが、要は冷房病です。

外が猛暑の中家に帰り、冷房を強く強くかけてしまうと
自律神経の機能がうまく機能せず、身体の冷えやだるさを
起こしてしまうのです。

そう、クーラーをつけてだるさや頭痛の原因は
自立神経が原因だったのです。

毎日暑い場所と寒い場所を繰り返すほど症状が悪化するので
注意が必要ですね。

暑さによる食欲不振。

暑くなるとどうしても水分が欲しくなりますよね。
あまりの暑さに必要以上に飲まれる方も多いと思います。

その結果胃液が薄くなる事による機能が低下してしまい
食欲不振に陥ってしまうのです。

食欲不振に陥れば当然必要な栄養素が不足しがちになり
疲労が取れず、身体がだるい原因となってしまうのです。

夏バテによるだるいのはこのような事が原因で
引き起こしてしまうのです。

夏バテのだるさを解消する対策は?

ではだるさを解消する対策について紹介していきます。

冷房の温度を控える。寒すぎる場合は衣服を羽織って調整。

自律神経は5度以上の急激な変化に適応しにくいです。
猛暑の中がんがんに聞いたクーラーの中に入ればそれはもう
自律神経はパニックを起こすわけです。

暑い中冷えた場所に入りたいのはわかりますが、
クーラーの温度を最大限まで下げず、

  • つけたばかりは26度ぐらい
  • 冷えてきたと感じた場合は28度に上げる。

と温度を下げすぎないようにする事が大事です。
冷房病にならないように気をつけたいところですね。

必要以上に寒いと思ったらタオルケットや上に何か羽織るなど
温度調整をしましょう。

水を飲みすぎず、3食きちんと摂取する。

先に言っておきますが、水を取らないのは厳禁です。
特に7、8月は暑く脱水症状も引き起こしかねます。

ただ、水の飲みすぎは先に紹介した通り胃の機能を低下させてしまいます。

朝、昼、晩ときっちり食事をして水も適度に補給するように
しましょう。

栄養素不足は即身体のだるい原因となります。
食事を抜かしているほど、体調がすぐれない方が多いのです。


スポンサードリンク

夏バテのだるさを改善する食べ物について

栄養素の話ついでに夏バテ解消におすすめの食べ物について
ちらっと紹介したいと思います。

夏バテ解消に効果のある栄養素として
  • ビタミンA 身体の抵抗力を高める
  • ビタミンB群 エネルギー源となる炭水化物の消化促進
  • ビタミンC ストレス耐性を高める 
  • クエン酸  疲労回復に効果あり

 
と大雑把に説明しましたが、上記で紹介した栄養素が
夏バテのだるい身体を解消する栄養素として上げられます。

その中で夏バテ解消の食べ物の筆頭であるうなぎは
ビタミンC以外の栄養素をほとんど含んでいるのです。

必須アミノ酸など良質なたんぱく質も多く含む事もあって
うなぎは夏バテ解消に一役かってくれる食べ物なのです。

他に夏バテに聞く食べ物として

  • オレンジ、グレープフルーツ 疲労の元である乳酸を排出
  • 豚肉、大豆類 ビタミンB1を多く含みエネルギー源の供給
  • 夏野菜 栄養素タップリで利尿作用もあるので水分の取りすぎた時に最適

などがあります。

また夏バテ防止の料理や食欲のない時に食べる料理に関しては
クックパッドさんが夏バテのレシピを多数に紹介しています。

なかなか夏バテに効く料理が思いつかない場合は
こちらを参照してみてはいかがでしょうか?

また、新鮮な国内の野菜の栄養素を取る手段として
野菜を定期宅配をしているサービスなんていうのもあります。

国内の栄養素をたっぷり含んだ70種類の野菜から
好きなものを選びカットした状況で届けられるので
料理の手間が省けるというメリットがあります。

値段も割とお手ごろなので、試しで購入してみるのも
ありかもしれませんね。

まとめ

夏バテがだるい原因やだるさを解消する対策
また食べ物について紹介してきました。

夏バテって一度なってしまうと毎日疲労感に
苛まれる事が多いんですよね。

スポンサードリンク

そんな事にならないように原因をしっかり理解して
対策をしっかりして夏を乗り切りましょう!

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ