猪名川花火大会2017の日程は?混雑や交通規制について確認

猪名川花火大会2017の日程を要チェック

猪名川花火大会 2015 日程

2017年で69回と
歴史の長い花火大会である猪名川花火大会。

猪名川花火はお盆に上がる花火で鮮やかで他では見られない花火やフィナーレのスターマインは迫力満点。
兵庫県の花火の中でも人気の高いのが猪名川花火大会なんです。

今回の記事では

猪名川花火大会2017の日程や混雑
交通規制について

紹介したいと思います。

スポンサードリンク

猪名川花火大会の2017年の日程は?

猪名川花火大会2017について

日程:8月19日
開催時間:19:20~20:20
開催場所:兵庫県川西市・大阪府池田市猪名川岸
打ち上げ数:約4000発
来場者数:約10万人
雨天時:雨天決行 (荒天時は翌日に順延)
有料席:無し
アクセス:

阪急電鉄「池田駅」及び「川西能勢口駅」から徒歩10分
JR福知山線「川西池田駅」から徒歩15分

となっております。

雨天に関して

2014年は雨天中止となってしまいましたが、
小雨程度では決行です。
(2014年は河川が増水するほどの雨でした。)

ただ当日天候が思わしくなく開催されるか気になる方は開催されるか気になったりしますね。

当日天気が思わしくない場合は電話で確認してみる事をおすすめします。

・問合せ

TEL:0180-991-816(自動音声 当日のみ)

猪名川花火大会の混雑について

猪名川花火大会の混雑状況についてですが、
花火が打ち上がる1時間前ぐらいから
鉄道はかなり混雑します。

早い人で15時ぐらいから猪名川周辺にブルーシートを引いて
場所を確保する人が出始めて

17時ぐらいには川沿い周辺は場所を取るのが難しい程です。
まだこの時間帯は混雑という程ではないのですが、

交通規制も始まる18時頃は電車もかなり混雑する為、
混雑回避は17:30より前に来られる方が良いですね。

また一番混雑するのは花火が終わったあと。
花火が終わった後は一斉に帰りますので、
近場の駅は相当混雑します。

帰りの際の混雑に関しては

  • 花火が終わる少し前に帰る
  • 花火が終わって1時間ぐらい経ってから電車に乗る

といった選択肢が無難です。

とはいえやはり花火の最後はしっかり見たいものです。

という事で

花火が終わった後に食事をしてゆったりした後に帰られる事をおすすめします。

猪名川花火大会の屋台について

そして猪名川花火大会といえば屋台も魅力ですね!

多くの屋台が出店されており数にして300近くの屋台が出店しているようです。

夕方前から屋台が出店されるので花火を楽しむ前に屋台を堪能した後花火を鑑賞するのも良いかと思います^ ^

花火前の混雑を回避するにも昼から行かれるのもありではないでしょうか?


スポンサードリンク

猪名川花火大会の交通規制を確認

猪名川花火大会は交通規制があります。
場所は会場周辺で時間は18:00~22:00予定です。

交通規制がある上に人手も多いので

普段会場周辺を通られる方は当日は通るのを避けられる事をおすすめします。

また猪名川花火大会は駐車場が用意されていません。

車で花火を見に来られようとする方もいますが、
周辺に駐車場もあまりなく、交通規制がありますので、

電車で行かれる事をおすすめします。
(車だと当日渋滞に巻き込まれます。)

まとめ

猪名川花火大会2017の日程や混雑、また交通規制について紹介しました。

伝統のある花火大会という事で根強い人気があり、地元の方を中心に見に行かれる方が多いですね。

スポンサードリンク

ただ、その分混雑はしますのであらかじめ混雑する事を想定しつつ花火を楽しみましょう^ ^

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ